芳根京子は土屋太鳳に似てる?過去にギランバレー症候群を患っていたってマジ!?

芳根京子
出典:style.nikkei.com

朝ドラ『べっぴんさん』でヒロインを演じて注目されている女優の芳根京子さん。

噂によると過去に難病を患っていたそうですが、どんな病気だったんでしょうか?

また、女優の土屋太鳳さんに似てるという声が上がっているようですが、本当に似てるのかな?

ということで今回は芳根京子さんについて色々と調査しました!

芳根京子さんのプロフィール

芳根京子
出典:news.mynavi.jp

・名前  芳根 京子(よしね きょうこ)

・生年月日   1997年2月28日(22歳)

・出身地  東京都

・身長  159cm

・血液型  A型

・趣味  料理、お菓子作り、犬の散歩

・特技  ピアノ、フルート、持久走、パソコン早打ち

・職業  女優

・所属事務所   ジャパン・ミュージックエンターテインメント

【主な経歴】

高校1年生の時にスカウトされ、芸能界入り。2013年にTVドラマ「ラスト・シンデレラ」で女優デビューを果たし、翌14年のNHK連続テレビ小説「花子とアン」では仲間由紀恵の娘役を演じた。

初主演映画「物置のピアノ」(14)や、「幕が上がる」(映画・舞台ともに15)などの出演を経て、「表参道高校合唱部!」(15)で連続ドラマ初主演。16年、NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」で、オーディションを勝ち抜きヒロインに抜てきされた。

以降、映画「わさび」(17)、月9ドラマ「海月姫」(18)、映画「累 かさね」(18)、「今日も嫌がらせ弁当」(19)などで主役・準主役を務める。その他の映画出演作に「64 ロクヨン」2部作(16)、「心が叫びたがってるんだ。」(17)、「散り椿」(ともに18)など。

引用元:eiga.com/person/285793/

芳根京子さんは、高校1年生の時に友達と共に行っていた「遊助」こと上地雄輔さんのライブ会場の場で、上地雄輔さんの事務所のスタッフにスカウトされて芸能界入りしました。なかなか珍しいパターンですね。

今までも何回かスカウトされたことのある芳根京子さんでしたが、高校1年の学園祭で映画を作ったことをきっかけに芸能界に興味を持ち始めていたところ、スカウトされたことで芸能界入りを決断したそうです。

ちなみに当時は都立高校に通っていたそうですが、その後、通信制の高校に転校、2015年3月に卒業しています。

芳根京子さんの通っていた高校は非公開となっていますが、ネット民の調査によると、上記のアメブロの記事に卒業式の会場の写真が投稿されているんですが、その中の一枚に「TOKAI」という文字があることから、東海大学付属望星高等学校ではないかといわれています。

また、芳根京子さんは高校卒業後は大学に進学せずに女優の仕事に専念しているようです。

芳根京子さんの別名は「オーディション荒らし」?

芳根京子さんは2015年のドラマ『表参道高校合唱部!』では主演を務めていますが、これは1000人の中からオーディションで選ばれており、他にも数々のオーディションで勝ち残ってきたことから「オーディション荒らし」という異名で呼ばれているらしいです。

しかし、これについては本人は否定的なコメントをしています。

MCの東野幸治が芳根に「オーディション荒らし」という異名があった噂を追及。「芳根さんがオーディションに来ると、ほかのライバルの女優さんは『あぁ、来てもうた』と。『あー、また芳根さんに取られるわ』みたいな感じ」と紹介した。

これに芳根は「全然、全然!」と困った顔で否定。「そのニュースが出たちょうど次の日、私『とと姉ちゃん』(NHK)のオーディション受けに行ったんですよ。私一次で落ちました」と明かす。

引用元:smart-flash.jp/entame/70302

また、ちょっと天狗になっていたためか、過去には全然オーディションに受からなくなってしまった時期があったそうで、マネージャーから「いまお前が事務所やめても、事務所にとって得も損も何もない」と言われて考えを改めたそうで、「(だったら)そちらが困るくらい大きくなってやめてやる!」とマネージャーに泣きながら逆ギレしたという美談(?)があったとかなかったとか。すげー。

その後の頑張りのおかげか、2016年にはNHKの朝ドラ『べっぴんさん』のヒロイン役に抜擢されており、無事にマネージャーを見返すことが出来たようです。

芳根京子さんは難病のギランバレー症候群を患っていた

 

この投稿をInstagramで見る

 

ただ今発売中の 週刊文春の原色美女図鑑に 掲載していただいております! 是非☺︎ #film

芳根京子(@yoshinekyoko)がシェアした投稿 –

芳根京子さんは2016年、『べっぴんさん』の会見の場で、中学生の頃に難病といわれる「ギランバレー症候群」にかかっていたことを告白しています。

今年度後期のNHK連続テレビ小説第95作目『べっぴんさん』(月~土 前8:00 総合ほか)のヒロイン・すみれ役に決定した女優の芳根京子(19)が6日、都内の同局内で会見を行い、改めて意気込みを語った。業界内では「オーディション荒らし」の異名を付けられるほどの“実力派”として、一目置かれているが、実は中学2年生の時に難病を患い、それを乗り越えての大役を掴んだ苦労人でもあった。 (中略)

そんな芳根だが、中学二年生の時に「ギランバレー症候群」という難病を患い「力が入らなくなる」症状に悩み「1年間くらいは普通に学校に通うことが難しい時期はありました」という。ギランバレー症候群とは、筋肉を動かす運動神経が傷害されて、両手両足に力が入らなくなる病気。

「少ない可能性ですが、この病気で亡くなった方もいると聞いて、そこから命の重さを自分で実感しました」と振り返ると「お芝居にというか、人として、自分はこんなにも周りの方に支えられているんだと。こんなにも周りの人に見られて普段の生きている中で、周りに対する思いがすごい感じた。そういう経験したからこそ、しっかりと自分を持とうと考えるようになった」と精神面での変化を明かした。

引用元:www.oricon.co.jp/news/2069734/full/

という話で、中学生の頃は学校に通えなくなる時期があったようですが、現在はすっかり回復しており、「病気のあとは急激に足が早くなったり、持久走で1位になったりしてるので全然、支障がない!」と元気な様子でコメントしていました。

このギランバレー症候群という病気は、免疫の働きが末梢神経を攻撃してしまう自己免疫疾患だそうで、10万人に1人とか2人くらいの確率で罹患する病気だそうです。

症状としては、手足の筋力低下や脱力感、指先のしびれなどがあり、さらに自律神経系に影響が出た場合には血圧や脈拍に異常が出るといわれています。

仮にこの病気にかかってしまったとしても、9割ぐらいの人は回復しているそうですが、中には死亡してしまうケースもあるようです。

今のところ、このギランバレー症候群にかかる原因は何なのかが分かっておらず、発症の原因が不明なことから難病と呼ばれているようです。

芳根京子さんもこの病気から回復しており、現在も特に後遺症のようなものはないとのことで、健康体を取り戻せて良かったですね。

芳根京子さんは土屋太鳳さんに似てる?

出典:www.crank-in.net

ネットで芳根京子さんについて調べると「土屋太鳳さんに似てる」という噂が出ているようですが…そんなに似てるのかな?

ちょっと調べてみたところ、芳根京子さんと土屋太鳳さんは映画『累 -かさね-』(2018年)でW主演で共演しているんですね。

「累 -かさね-」(出典:cinema.ne.jp)

この映画はコミック原作の映画で、2人のヒロインがキスすると互いの顔が入れ替わるという設定があり、舞台挨拶やイベントでは「100回くらいキスしました」という発言が飛び出すなど、2人の親密ぶりがすごかった様子。

しかし、劇中では互いに争うようになっていくストーリーなので宣伝としてはやや微妙だったともいわれているようですが、原作を知らなくても楽しめると評判のようです。

ということで、それでは芳根京子さんと土屋太鳳さんが似てるかどうか、画像でチェックしてみましょうか。

出典:twitter.com/think_literacy/

この画像はあるバラエティ番組で2人が共演した時の画像で、左が芳根京子さん、右が土屋太鳳さんですね。

んー、そんなには似ていない感じがしますが…

しかし。映画『累』の時の画像だと、雰囲気が似てるような印象。

やっぱり髪型や髪色、メイクを似せると結構似てるように見えるのかな?

Twitterでも2人が「似てる」という声も上がっており…

やっぱり映画『累』の時は役の設定もあって似ていたっぽいですね。

普段の時の芳根京子さんと土屋太鳳さんでは、あんまり似てない感じしますけど。

まとめ

この投稿をInstagramで見る

夏の思い出。 #film #北海道 #チャンネルはそのまま!

芳根京子(@yoshinekyoko)がシェアした投稿 –

今回は芳根京子さんについて色々とお伝えしました。

中学生の時に難病といわれるギランバレー症候群を患っていた経験のある芳根京子さんですが、現在はすっかり回復しており健康体を取り戻せたようです。

また、映画『累』でW主演した土屋太鳳さんに似てると言われているようですが、似ているのは映画の時だけっぽいですね。

劇中の役柄の関係でお互いに相手に寄せていたみたいだし。

ちなみに映画『累』は興行収入的には残念ながら爆死微妙だったみたいですが、DVD版のAmazonレビューを見るとわりと評価高めで観た人からは好評を受けている模様。

最近の芳根京子さんは映画『記憶屋 あなたを忘れない』(2020年)にヒロイン役で出演しており、これからも活躍が期待される女優さんですね。