中川翔子はハゲてる?母・桂子のキャラがアッパーすぎてヤバい?

個性的なオタクキャラで人気のある、「しょこたん」こと中川翔子さん。

ネットで検索すると「ハゲ」という不穏なワードが浮上してきます。どういう事なのでしょうか?

また、母親の桂子さんがかなり強烈なキャラクターで、しょこたんファンからも一目置かれているとか。

今回は、中川翔子さんのハゲ疑惑と、母親の桂子さんについてお伝えします。

中川翔子さんのプロフィール

名前 中川 翔子(なかがわ しょうこ)

本名 中川 しようこ

生年月日 1985年5月5日(33歳)

出身地 東京都

身長 157cm

血液型 A型

職業 タレント、歌手、女優、声優

活動期間 1990年 –

事務所 ワタナベエンターテインメント

【経歴】

2001年、ポポロガールオーディションでグランプリを受賞。

2001年、16歳の誕生日記念に母の桂子とジャッキー・チェンが経営する香港のレストランを訪ねた際に、チェンと遭遇し感激して泣いているとチェンが「大丈夫?」と声を掛けた事をきっかけにジャッキー・チェン事務所日本支部に所属する事となる。

2002年、ミス週刊少年マガジン2002に選ばれる。

2004年11月より公式ブログ『しょこたん☆ぶろぐ』を開始。後に1日の最高アクセス数が450万PV数を達成するという超絶ブログに成長する。

2005年3月、『考えるヒト』にゲストパネラーとして出演、5月からは同番組をマイナーチェンジした『考えるヒトコマ』ではレギュラーとして出演。また、同じく5月から『王様のブランチ』にレギュラー出演する。

2007年6月、3rdシングル「空色デイズ」をリリース、オリコン週間シングルチャート初登場3位を記録する。

その後も様々なTV番組への出演や音楽活動、声優の仕事など、活躍の場を広げていきます。

中川翔子さんはオタクジャンルに深い造詣があることから、歌やTVへの出演以外にもイラストや漫画を手がけたりと、普通のモデルさんや女優さんとはひと味違うユニークな経歴の持ち主ですね。

中川翔子さんはハゲてる?

中川翔子さんをネットで検索すると「ハゲ」というワードが上がってきます。誰だこんなワードで検索してるのは。

しかしこれは、どうやら中川翔子さん自身が自虐ネタとしてブログで自分を「薄毛」とか「ハゲちらかしてる」と語っているのが原因のようです。

自身のブログでも過去に何度かハゲネタで投稿しています。

 

翔子はげてる…
前かくし芸でたとき女の子がみんなポニーテールにしなきゃならなくて。そしたら左側禿げてたらしくメイクさんが無言で黒いふりかけみたいなのを禿げてた部分にかけた。相当ショックだった。
ほんと毛が少ないからね
まっすぐサラサラして痛みがめだたないのはかなり助かるけど

ふりかけはもうイヤ

ハゲアイス(<●><●>)メポ

ギャーーーーーーー凄い汗すぎてハゲたwwwwww頭皮が露出スWWWWWWWWWWWWWWすきまがwwwww人生最多汗WWWWWWWギャウッスゲェ━━ヽ(゜Д゜)ノ━━!!!!冒険王(゜∀゜)(゜∀゜)(゜∀゜)人スゴスwwwww 〓しょうこ〓

他にもライブイベントの出演時に、

「ほんと、申し訳ございません!こんな短足でこんな出っ歯でこんな薄毛のくせに、申し訳ございません!!」

などと自虐的なコメントをかましておられるようです。

確かに、無言で黒い粉を頭に振りかけられたらショックだとは思いますが、冷静に見ていくと、中川翔子さんの場合は薄毛とかハゲとかいう感じじゃなくて、もともとの髪の量が少ない+髪の毛が細くて直毛なのが理由かなー、という気がしますが。

ハゲじゃないよ、薄毛だよ、じゃなくて。毛が細くてボリュームがないだけだよ、という事で。

中川翔子さんの母・桂子さんについて

中川翔子さんの母親は桂子さん。年齢は不明です。なんと、娘の翔子さんにも秘密にしているとか?

父親は俳優・ミュージシャンの中川勝彦さん。翔子さんが9歳の時、白血病で32歳の若さで亡くなられています。

その後、母の桂子さんはショーパブの経営をしながら女手ひとつで娘の翔子さんを育て上げたそうで、大変な苦労をされているようですね。

中川翔子さんの母・桂子さんはコスプレ好き

中川翔子さんの母の桂子さんは、コスプレをしてライブに足を運んだり、TVに出演したりすることがあるとかで、かなりのコスプレ好きだそうです。

これはショーパプを経営していた時にやってみたところ、お客さん受けが良かったために始めたらしいんですが、それから本人もコスプレの楽しさにはまってしまったとか。

母娘そろってコスプレ好きという事で、血は争えない、といったところでしょうか。

桂子さんは娘よりも気合の入ったコスプレで中川翔子さんのライブに乱入したりするそうで、そのユニークすぎるパフォーマンスが話題となり、ファンからも「桂子」と呼ばれて愛されています。

桂子さんのコスプレはこんな感じです。

また、桂子さんお得意の悩殺ポーズがあるとか。それがこちら。

ファンサービスでやってくれるみたいですが…なんちゅーか、これはすごい人ですね、いろんな意味で。

また、下積み時代に極貧生活で苦労していたLiLiCoさんを高給で雇ってあげたりしていて、LiLiCoさんにとっては恩人的な存在だそうです。

こちらがLiLiCoさん

当時、ママの店で働いていた子から「すごく可哀そうな子がいるからテレビを見て」と言われたのがきっかけだった。

桂子さんは深夜番組に出ていた子(LiLiCo)が、“氷の中にある1万円札を舌で溶かしてゲットする”企画に挑戦するのを見たのである。

桂子さんは「その子が一番真剣にやっているのを見て『これは可哀そうだ』と思い、一番高い時給で雇いました」と振り返る。車でホームレス生活を送るLiLiCoが、どれだけ救われたことだろう。

http://japan.techinsight.jp/2012/12/lilico-nakagawakeiko-kinsma20121207.html

『金スマ』のロケで久々に再会したLiLiCoと桂子さんは、当時のショーパブのパフォーマンスを再現してくれた。

「ダブルソーセージですっ」と2人はホットドッグの着ぐるみで登場すると、男性アナウンサーを客にみたててカラオケで歌いながらノリノリ状態で楽しんでいた。

他にも、2018年に保護猫の猫カフェをプロデュースするなど、翔子さんの母・桂子さんの親切で優しい人柄が伝わってきますね。

母・桂子さん、娘の中川翔子さんの恋愛にダメ出し

2014年4月、中川翔子さんは小澤亮太さんと2年半に渡って交際していることを認めているんですが、母の桂子さんはこれに猛反対しています。

二人はゲームやアニメ、猫好きという共通の趣味・価値観があるので、とても気が合っているらしいんですが、小澤亮太さんには一般女性との隠し子がいること、そして中川翔子さんと収入格差がありすぎる事が原因で母の桂子さんは二人の交際に反対しているとか。

ま、隠し子がいるんじゃあそりゃダメって言われるよね、確かに。

まとめ

今回は中川翔子さんのハゲ疑惑と母の桂子さんについてお伝えしました。

中川翔子さんは生まれつきの髪質が問題らしいという事で、別にハゲてきてるってことではないでしょう。

そして母の桂子さんですが、とてもユニークな方で、これからも母娘二人で仲良く活躍していってほしいですね。

しかし中川翔子さんも30代、そろそろ結婚を考える頃合いかと思います。いい相手が見つかるといいですね。

できれば、隠し子とか作ってない男性が望ましいと思いますが、どうなるんでしょうか。

今後の中川翔子さんの動向に注目しましょう。