ウエンツ瑛士がロンドン留学した理由は?現在の様子がヤバいってマジ!?

タレントのウエンツ瑛士さんですが、2018年10月からロンドンに留学しており、芸能活動は現在中止となっています。

芸能人の海外留学は多いですが、理由も様々。ウエンツ瑛士さんの留学の理由は何だったんでしょうか?

この記事ではウエンツ瑛士さんの留学について解説します。

ウエンツ瑛士さんのプロフィール

名前 ウエンツ 瑛士(うえんつ えいじ)

生年月日 1985年10月8日(33歳)

出身地 東京都武蔵野市

身長 170cm

血液型 O型

職業 タレント、シンガーソングライター、俳優

活動期間 2006年 –

事務所 エイジアプロモーション

【主な経歴】

ウエンツ瑛士(ウエンツ エイジ) タレント・歌手・俳優。1985年10月8日生まれ、東京都出身。O型。アメリカ人の父と日本人の母を持つハーフ。

4歳より子役、モデルとして活動する。2002年以降は、小池徹平とともに音楽デュオ・WaTを結成。作詞作曲を手掛けるなど、シンガー・ソングライターとしても活躍。

俳優として、NHK大河ドラマ『利家とまつ』や、映画『ゲゲゲの鬼太郎』、舞台『天才執事ジーヴス』などに出演。

ウエンツ瑛士さん、ロンドンに留学

2018年8月、テレビの生放送でウエンツ瑛士さんが10月から英国・ロンドンに留学するため、9月末で芸能活動を休止することを発表しました。

番組エンディングで、ウエンツは「私は10月からロンドンに留学することにしました。9月末をもって日本での活動を一度すべて休止して10月からロンドンにいって舞台の勉強をしていきたいと思います」と報告。

「3年前に、自分がいつかイギリスのロンドンで舞台に立ちたいという夢を持ち始めて、日本にいながらその夢に近づくための方法なり努力をこの数年重ねてきたのですが、日に日にそのイギリスに行って勉強したい気持ちが強くなりました」と胸の内を吐露。

そして「たとえ誰かに迷惑をかけても、達成したい夢であると自分の中で確認できましたし、それ以上の恩返しをするという覚悟ができましたので、今回留学するという決断をしました」と明かした。

ということで、ロンドンへの留学は「ロンドンのウエストエンドで舞台に立ちたい」ということで舞台俳優を目指しての留学だそうです。

ロンドンのウエストエンドは、ブロードウェイのようなところで、ストレートプレイからミュージカルまで、ブロードウェイとは違った魅力のある舞台がたくさんある場所で、劇場数は30以上。

日本でもおなじみの「レ・ミゼラブル」「キャッツ」「オペラ座の怪人」といったタイトルのミュージカルも上演されています。

留学期間は1年半という話で、帰国予定は2020年4月とのこと。

日本では主にバラエティタレントとしての仕事が多かったウエンツ瑛士さん、俳優活動は大河ドラマ『利家とまつ』、映画『ゲゲゲの鬼太郎』『タイガーマスク』などありますが、ミュージカルにはあまり出演していなかったような。

歌の方は音楽ユニット・WaTをやっていたので不安はなさそう。ちなみにWaTは2016年で解散しましたが、もしかして留学のこともあっての解散だったんでしょうか?

ウエンツ瑛士さんのロンドン留学の本当の理由は?

最近では芸能人が留学するケースがよくありますが、実は本人の希望での留学ではなく、「売り出すため投資していたのにブレイクできず資金を回収できなかったから一旦左遷」「何か問題を起こして海外に左遷」という2つのパターンである事が多いといわれています。マジか。

「何か問題を起こして海外に左遷」の場合、表沙汰にならないように内々でもみ消していたりすることがほとんどなので、内部事情が後々になって表に出てくることはほぼないですが、女性問題や薬物問題、仕事で取り返しのつかないミスを犯したなどの後始末である事が多いらしいです。

ウエンツ瑛士さんの場合は、目的がはっきりしているし、女性問題や薬物問題も聞かれないし、留学する前もバラエティ番組で活躍していたし、上記のケースとはちがう事はまちがいないでしょう。

しかし、ハーフで白人っぽい外見なのに英語が全然喋れないという弱点があるので、そこは心配ですね(笑)

ウエンツ瑛士さん、事務所ともめてた?

現在はロンドンで留学中のウエンツ瑛士さんですが、ロンドン行きが決まるまでが色々と大変だったようです。

実はウエンツさんは所属事務所エヴァーグリーンエンターテイメントと以前から相談しており、ウエンツさんの留学について事務所側は反対を表明していたとか。

しかし、最終的にはその反対を押し切ってウエンツ瑛士さんは留学しています。

エヴァーグリーンエンターテイメントは芸能大手のバーニングプロダクション傘下で、さらに芸能界のドンことバーニング社長・周防郁雄氏もこのタイミングでの留学や活動休止には大反対だったそうで、無理を押し通したウエンツさんに激怒していると噂されています。

そもそもウエンツさんの音楽ユニット・WaTのブレイクや、2009年以降に『ベストヒット歌謡祭』のMCに起用されているのは周防郁雄氏の後押しのおかげといわれており、ウエンツさん本人は日本に帰国した後、芸能活動を再開すると言っていますが、ドンの怒りを買ってしまったために日本では思うように活動できなくなるおそれがあるといわれています。これは大変な事態なのでは?大丈夫なのかな?

ウエンツ瑛士さんの現在がヤバい?

2019年6月、社会学者の古市憲寿氏のインスタにウエンツ瑛士さんが登場。

出典:nlab.itmedia.co.jp

久々にネットで姿を見れたことでファンは大喜びだったようですが…

よく見ると、前髪がヤバい!?

この画像を見たネット民からは「急に髪が薄くなっている」「オデコハゲてない?」などという声が上がっており、まさかのハゲ疑惑が浮上。

これはもしかしたら、ストレスによるものなんでしょうか?元気っぽい様子でしたが、色々と悩みが尽きないのかな?

ま、まあ来年の4月には帰国する予定だし、そのころには元気な姿をみせてくれることでしょう。

ということでウエンツ瑛士さんの健闘を祈りましょう!