上原さくらの現在は?離婚の理由は殺害予告?精神病院に入院してたってマジ!?

2011年に「フェラーリ王子」こと青山光司さんと再婚した女優・タレントの上原さくらさん。その後、泥沼の離婚騒動の後に離婚していますが、その騒動の中で殺害予告が飛び出してヤバいという噂があるとか?

さらに、2013年にホリプロとの契約が切れてから上原さくらさんは姿を消していましたが、精神病院に入院していたという話も…

ということで今回は上原さくらさんについて色々とチェックしました!

上原さくらさんのプロフィール

名前 上原 さくら(うえはら さくら)

生年月日 1977年3月31日(42歳)

出身地 東京都足立区

身長 161cm

血液型 A型

職業 女優、タレント

趣味 音楽 お菓子作り 旅行 読書

特技 ピアノ 英会話 中国語会話

上原さくらさんは1994年、高校生の時に第19回ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを受賞し、歌手としてデビュー。

1996年にアルバム「Cherish」、翌年の1998年にはセカンドアルバム「Flower Soul」をリリースしますが全然売れず、3年ほどで歌手活動を休止。

その後は女優として様々なドラマに出演。バラエティ番組でも活躍して、そのファッションセンスや発言が注目され、人気タレントとして注目を集めました。

そして2003年8月、アパレルメーカー社長の遠藤憲昭さんと結婚。

遠藤憲昭さん

交際期間3年での結婚で、上原さくらさんは妊娠していましたが、後に流産しています。

流産というアクシデントはあったものの、その後は夫婦円満にやっていたようですが、2009年11月に二人は離婚。

離婚の理由について、上原さくらさんは

結婚当初から「友達同士が夫婦になったという感情」が拭いきれず、「結婚しても何も変わらない感情」にとまどっていた

「2人で何度も話し合った結果、友達のような夫婦でいるより、結婚を解消した」

とコメント。

しかし、直接の原因は旦那の遠藤憲昭さんが暴行事件を起こして逮捕されたことがきっかけではないか、といわれています。

この事件は、放送作家おちまさとさんとタレント越智(旧姓河辺)千恵子さんの結婚披露パーティーに出席した遠藤憲昭さんが、あるカメラマンに「邪魔だからどいて」と頭を押されたことにキレて、そのカメラマンのお腹にパンチしたという内容の事件。

取材陣と一般参列者のスペースの区別がなかったために起こった事件のようですが、旦那が警察に連行されてしまったために上原さくらさんはパニックになっていたとか。お気の毒に。

まあ殴られたカメラマンも横柄な態度と行動で他の人達に嫌がられていたという話もあったとかで、殴られたのは自業自得かも。

ともかく、遠藤憲昭さんと離婚した上原さくらさんはバツイチに。しかし、このあとすぐに次の相手が登場します。

上原さくらさん、フェラーリ王子・青山光司さんと再婚

2009年11月に遠藤憲昭さんと離婚した上原さくらさんですが、この離婚から3ヶ月後に次の交際相手が浮上。その交際相手がフェラーリ王子こと青山光司さんでした。

二人は2011年4月に入籍し、グアムで結婚式を挙げています。

こちらが青山光司さん。

青山光司さん
青山光司さん

青山光司さんは建築足場会社KRH株式会社の二代目社長。学歴は高校中退と冴えないですが、家業を手伝うようになってから営業方面で活躍し、2001年に28歳で家業を継いで代表取締役社長におさまっています。ちなみにこちらの会社は業界最大手の優良企業で、年商は150億円だそうな。

大のフェラーリ好きということで「フェラーリ王子」と呼ばれている青山光司さんですが、結婚から1年後には上原さくらさんと別居状態に。そこから二人の泥沼の離婚騒動が始まっています。

上原さくらさんの離婚騒動がヤバい!!殺害予告が発覚か!?

上原さくらさんと青山光司さん、どちらもバツイチで再婚という形での結婚でしたが、結婚から1年ほどで別居状態に。これには事情があったようです。

2012年11月、文春が上原さくらさんが自殺未遂をしていたことを報道。

「週刊文春」に掲載された「上原さくら『飛び降り自殺未遂』の衝撃」では、上原が昨年11月に睡眠薬を大量摂取して東京・江東区内の病院に入院し、さらに病院付近のマンションから飛び降り自殺を図ろうとしていた――という内容に加え、夫とその家族に対する恨み節などをつづった“遺書メール”の文面を掲載。夫から罵られ、恫喝されたことや、夫の不倫疑惑、夫の会社の脱税・マネー・ローンダリングといったことが“遺書メール”につづられていたと報じている。

上原さくらさんは精神状態が悪化し、自殺未遂をしていたんですが、その原因が夫の青山光司さんにあると週刊誌に告白。

しかし、今度は夫の青山さん側から週刊誌にリークする形で反論記事が報道されます。

この報道に“怒りの反論”という形を取ったのが、「フライデー」に掲載された「上原さくら『夫』激怒!『妻に離婚慰謝料5億円要求されて』」だ。

記事によると、上原の態度がおかしくなってきたのは「結婚して1年ほど経ってから」で、行き先も告げず外出する機会が多くなったという。青山氏が問いただすと、上原の前夫との結婚期間中に浮気していた男性と会っていると告白。さらにそうした男性が3人はいたため、青山氏が「会わないで欲しい」と頼むと、「今は親友。親友と別れろと言うなら、あなたとも別れる」と反論されたそうだ。

この報道はフライデーからで、記事によると、上原さくらさんが3人の男性と浮気している疑惑が持ち上がっています。

さらに、

また、上原は芸能人としてのプライドが高く、青山氏に対し「私は一般人とは違う」「素人のあなたには分からない」といったスタンスで、自身のわがままを通すように。

その後関係が悪化し、上原の母親を交えた話し合いも決裂、さらには殺害予告とも取れる脅しを受けていたという。

そして離婚慰謝料の話では「1億円じゃ10年しか生きられない」と上原が激怒。「最低、5億円は欲しい」と要求され、疲弊した青山氏は昨年10月に家を出て別居、11月から代理人を立てて離婚協議に入ったとしている。

なお、「週刊文春」掲載の“遺書メール”につづられた脱税疑惑、上原への暴力などについては否定し、訴訟による解決もにおわせた。

という話で、別居の理由は離婚協議に入ったからのようですね。

しかし殺害予告とは怖いですねー。フライデーの記事では、上原さくらさんが友人に語ったという殺害予告の肉声テープを入手したとかで、テープの内容の書き起こしも掲載されていました。

「私の殺意は、彼に伝わってるんだと思うよ。本気の殺意がね。お風呂に入るだけなのに、私が近くを通るとビクッとするんだもん。ハハハ。笑っちゃう。」

この人を完全犯罪で殺したいと、マジで思う。崖とかに2人で行くチャンスがあれば、後ろから突き落としちゃうかも。でも家の中じゃ、難しいかなぁ……。逮捕されるのはイヤだし。バットやゴルフクラブで殴って、死ななくても立たせなくすることはできるけど。」

A(上原と過去に肉体関係のあった外国人男性)に頼めば、殺してくれるだろうなぁ。一生Aには頭が上がらなくなっちゃうかな」

「10年ぐらい我慢して生活する作戦もあるよねぇ。10年の間に、あの人も何かしら不動産とか買うでしょ。その間に、彼が自然と死んでくれるかもしれないし。」

彼が死ねば、その権利の半分は私のもの。財産分与だけでもかなりの額になるよね。でしょ!?5億円ぐらいのものを、上手く買わせられないかなぁ。死んでくれなくても、10年間も“いい奥さん”を演じていれば、慰謝料は今よりももっともらえると思うの。」

「テレビ局の人の前ではご機嫌をとり、“いい夫婦”を演じていればいいじゃない。45歳なら、リスタートしてもまだいける。私は、けっこうしたたかなオンナだからね。ハハハ……」

おっかねーなー。この殺害予告、マジなんですかね?これについてはどこまで本当なんだか分かりませんが、別の男性と浮気してたのは事実っぽいですね。

自殺未遂をするほど精神を病んでいたようだし、仮にこのテープの内容が事実だったとしても、精神的におかしくなってたからなのかな、これは。

結婚した当初は、家事はハウスキーパーなどにお任せで、青山さんから利用限度額無制限のクレジットカードを渡されていたりと恵まれた暮らしをしていたようですが、精神を病んでしまうとは、何があったんでしょうか?

上原さくらさん、フライデーのナイスアシストで慰謝料0円で離婚

上原さくらさんと旦那の青山光司さんの離婚協議は長期化するとみられていましたが、ある出来事によりあっけなくケリがついてしまいます。

上原さくらさんは一回目の調停を欠席し、その3日後に入院していた病院から抜け出して男性と会っていました。

それをフライデーがキャッチ!横浜の激安ラブホテルで密会していたところを写真に撮られてしまいます。

このスクープが決定的になったようで、二人の離婚が成立。上原さくらさんは慰謝料を1円ももらえずに離婚することに。

旦那の青山さんにしてみれば、フライデーのナイスアシストが功を奏した、といったところでしょうか。

ということで、長期化すると思われていた離婚騒動ですがあっけなく終結、2013年4月に二人の離婚が成立しました。

上原さくらさんと別れたフェラーリ王子はその後、女優の観月ありささんと結婚しています。

上原さくらさん、芸能界から消えた?

2013年4月にフェラーリ王子と離婚した上原さくらさんですが、所属していたホリプロとの契約も切れて姿を消してしまい、世間からは引退したと思われていました。

が、2016年4月に女性誌が上原さくらさんの復帰を報道。空白の期間の出来事をインタビューしています。

そんな事実上の芸能界引退状態だった彼女だが、今年3月から新たな所属事務所に所属し再出発。現在大学2年生で、学業を優先しながらの活動になるという。

「正直、前の事務所を辞める前後のことはほとんど記憶にないんです。というのも当時は精神的な病気で半年以上入院していました。病室には鍵がかけられていて、中から開けられない。『私は何もおかしくないのに、なんでここにいなきゃいけないのかな?』と思っていましたが、振り返ると自分の状態も把握できないような状態だったのだと思います」

実際、本誌は同年3月、神奈川県内にある医療施設の精神科で入院生活を送る上原を目撃していた。一連の離婚劇は、彼女を深刻な状態へと追いやっていたのだ。

という話で、どうやら精神状態が悪化したために閉鎖病棟に入れられていたようです。記憶も曖昧だとかで、かなりひどい状態だったみたいですね。

退院後は家に引きこもっていた上原さくらさんですが、自分を応援してくれていた友人が病死したことを機に、再起することを決意。

芸能事務所・オフィス南と契約してブログを再開。学歴コンプレックスがあったことから大学進学を決意し、2015年に東海大学に入学します。

メンタルヘルスの悪化に苦しみながらも大学に通い、2019年3月に42歳で大学を卒業。

東海大学を卒業した上原さくらさん、自身がうつ状態になりやすいことや、フェラーリ王子との離婚騒動でイメージが悪化していることから、本格的な芸能活動には踏み切らないようですがこれからはどうするんでしょうか?

上原さくらさんの現在は?

現在、上原さくらさんは目立った芸能活動はしていない様子。

生計については、ブログの読者からの質問に「所属している芸能事務所からお給料をいただいております」と回答していたので、事務所からの給料とブログでの広告収入が中心みたいですね。

上原さくらさんはアメブロでブログを運営していますが、女性タレントランキングでは上位にランクインしているほどの人気ブログに育っています。

それ以外にも、2019年4月からはYoutubeにチャンネルを開設、「上原さくら公式チャンネル」がオープンしています。

まだ動画の投稿数も少なく、チャンネル登録も約3500人ぐらいですが、これからのびていくのではないでしょうか。

ニューヨークへ渡った西内まりやさんもSNSを中心に活動していますが、上原さくらさんもしばらくはブログやSNS、Youtubeでの活動がメインになりそうですね。

メンタルに不安のある上原さくらさんですが、今後の活躍を祈りましょう。