「スカッとジャパン」に出演した北香那がかわいい!実は中国人ってマジ!?

最近、ネット上で「かわいい」と話題になっている女優の北香那さん。『スカッとジャパン』などに出演しており、インスタの投稿画像もめちゃかわいいと注目されているようですね。

そんな北香那さんですが、実は中国人だった?という噂があるようです。本当なのかな?

ということで今回は、北香那さんについて色々とチェックしました!

北香那さんのプロフィール

名前 北 香那(きた かな)

生年月日 1997年8月23日(21歳)

出身地 東京都

身長 155cm

血液型 A型

スリーサイズ 77-57-78 cm

職業 女優

趣味 映画・音楽鑑賞 歌うこと

特技 クラシックバレエ

【主な経歴】

北香那さんは6歳のころから女優に興味をもっていたそうで、デビューは小学6年生の時の2009年。

子役でデビューし、当時は「西乃サワ」という芸名でテレビ東京の子供向けバラエティ番組『ピラメキーノ』に出演していたそうです。

そして2010年にはミュージカル『赤毛のアン ~アンからの手紙~』に主役のアン役で出演。

後に芸名を現在の「北香那」に改名していますが、それがいつ頃なのかは情報不足で残念ながら不明です。

その後、映画やドラマへの出演機会が増えて、『震動』(2013年)、『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』(2016年)に出演。

そして2017年のドラマ『バイプレイヤーズ 〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜』にジャスミン役で出演。

ジャスミン役の北香那さん

この作品の出演で注目を集めた北香那さんは、共演者のベテラン俳優陣やプロデューサーから称賛のコメントを送られています。

さらに、ドラマの見どころについて出演者から口々にジャスミン役の若手女優・北香那の名前が挙がった。

北はシェアハウスで6人と行動を共にする中国配信会社のアシスタントプロデューサーという役どころで、松重は「我々を前に物おじせず、こちらが刺激を受けている。6人を活性化させてくれる」と紹介すると、田口は「(僕たちを介護してくれる)介護女優だ!」と太鼓判。

大杉は「彼女はまだ19歳なので、飲みには行けないけれど、食べることが好きだと聞いたので、『ジャスミンを誘う』ことが私たちの目標です」と、目を細めた。

同局の濱谷晃一プロデューサーも「6人のバイプレイヤーズの皆さんもおっしゃってますが、とにかく演技がブレない。物怖じしないです。自分で考え抜いたキャラクターを現場で思い切ってぶつけてきます。演技がクリエイティブなので、台本以上にキャラクターを膨らませてくれるのも魅力的です」と北の度胸満点ぶりと創造力を絶賛している。

ということでベテランの共演者の方々からベタ褒めされていた北香那さん。

後に続編として『バイプレイヤーズ 〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜』(2018年)が作られた時も、再びジャスミン役として出演しました。

女優として注目される北香那さんですが、声優としてもデビューしています。

北香那さんはアニメ映画『ペンギン・ハイウェイ』(2018年)の主人公・アオヤマ君の声を担当。なんと小学4年生の男の子というキャラクターの声を演じています。

声優の仕事は初めてという北香那さんでしたが、試写会に参加した方曰く「クレジット見るまで本当の小学生の男の子が演じているのかと思った」というほど、見事に小学4年生の男の子の役を演じていたようで、声優としての活躍も期待されているみたいですね。

2018年にはドラマ『僕らは奇跡でできている』に尾崎桜役で出演した北香那さん。残念ながら低視聴率で爆死したいい結果は出せなかったようですが、ジャスミン役の時とは打って変わった役柄を演じて好評だったようです。

また、2018年は『スカッとジャパン』の再現VTRに出演。

店員にイライラをぶつけるクレーマーの男が改心した、というエピソードに出演。最初は地味めの女の子として登場しますが…

すごい美人に変貌を遂げています。変わりすぎだろ。

「あなたが本気で変わろうとすれば、変われるんです」というメッセージを残して去っていく美人さんの北香那さん。その言葉にクレーマー男も改心した、という感動エピソードでした。しかし可愛いっすねー。

他にもめざましテレビのイマドキガールに選ばれたりと、少しずつ活躍の場を広げている北香那さん、これからが期待できる女優さんですね。

北香那さんは中国人?

ネットの一部では北香那さんは中国人?という噂があるようですが…

結論からいうと、北香那さんは日本人で中国人ではありません。

なんでこんな噂が出回ったのかというと、『バイプレイヤーズ』で演じたジャスミン役が原因のようです。

劇中でジャスミンは片言の日本語を喋っているんですが、それがあまりにもリアルだったのと、まだ北香那さん自身が有名ではなかったため、ガチの中国人の女優が出演していると思われていたみたいですね。

ジャスミンの役作りについて、北香那さんは

ジャスミン役はオーディションで勝ち取った。

「いくつかのせりふを渡され、あやしい日本語をしゃべる中国人の女の子を演じて、というものでした。

昔、ある工場でアルバイトをしていたことがあって、中国人の方も多く働いている職場だったんですが、その時の仕事仲間のしゃべり方などを参考にしたり、真似してみたりしたところ、合格できました(笑)。

子どもの頃からテレビで見たものなどをまねて、その人になりきって遊ぶのが好きで、特技はものまねと言い続けてきたことが生かせました。合格してからは、自分なりに研究して、ジャスミンだったらこうかな、というのを全力でぶつけていきました」。

と語っております。なるほど、実際に片言の日本語を話す中国人の方を知ってて、それが役作りに生きたということのようですね。そりゃ上手いわけですね。

まとめ

今回は北香那さんについてお伝えしました。

ベテラン俳優の方々に認められるほどの度胸とクリエイティブな演技で注目されている北香那さん。これからの活躍が楽しみですね。

インスタも「かわいい」とネット民から大好評のようです。

まだ21歳と若いので、これからどんどん活躍してくれそうな北香那さん。これからの活動に注目ですね。