堺雅人は発達障害ってマジ!?嫁は菅野美穂?子供はいる?

個性派俳優として活躍している堺雅人さんですが、実は発達障害では?という噂があるようです。

一体どういうことなのか、今回は堺雅人さんの発達障害についてお伝えします。

堺雅人さんのプロフィール

名前 堺 雅人(さかい まさと)

生年月日 1973年10月14日(46歳)

出身地 宮崎県

身長 172cm

血液型 O型

職業 俳優、声優

活動期間 1992年 –

事務所 田辺エージェンシー

【経歴】

堺雅人さんは早稲田大学第一文学部に入学。その後、1992年に早稲田大学演劇研究会を母体にした劇団「東京オレンジ」に参加し、看板俳優として活躍します。

が、早稲田大学は中途退学しているそうです。

その後、田辺エージェンシーに所属して、現在まで俳優活動を続けて様々な映画やドラマに出演しています。

2008年、大河ドラマ『篤姫』に徳川家定役で出演。2010年、ドラマ『ジョーカー 許されざる捜査官』で連続ドラマ初主演。

2012年、ドラマ『リーガルハイ』で主演を務め、注目を集めます。

そして2013年のドラマ『半沢直樹』で主役の半沢直樹役を演じ、ドラマのヒットと共に一躍有名になり、話題の俳優となりました。

その後も大河ドラマ『真田丸』で主役を務めるなど、個性派俳優として活躍し続けています。

堺雅人さん、菅野美穂さんと結婚!

2013年のドラマ『半沢直樹』でブレイクした堺雅人さんですが、プライベートでも2013年に大きな出来事がありました。

堺雅人さんは、2012年の映画『大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]』で共演した女優の菅野美穂さんと結婚。交際期間3ヶ月のスピード婚でした。

菅野美穂さん

2015年5月に一人目のお子さんが誕生、こちらは男の子だそうです。

そして2018年12月に二人目のお子さんが誕生しています。菅野美穂さんは41歳での出産ということで話題になりました。こちらは女の子だそうですね。一男一女、子供は現在二人いるみたいです。

堺雅人さんも育児に積極的なようで、仕事を終えるとすぐに帰宅しているほか、息子の保育園の送り迎えも率先してやっているとか。素晴らしいイクメンぶりですね。

堺雅人さん、実は発達障害?

堺雅人さんはトーク番組『おしゃれイズム』に出演した時、自分自身についての驚くべきエピソードの数々を告白しています。

堺によると、右と左は「今でもわからなくなっちゃう」とのこと。例えば車の運転をしているときに「そこ右に行ってね」と言われるとダメだが、「こっち行ってね」と指で指示されれば分かるという。

また、タクシーに乗って「そこを右」というように指示する場合には、そろそろ曲がる、そろそろ曲がると思いながら「(事前に)練習する」。じっくり考えなければ、右と左がわからないそうだ。

そして、この左右にまつわる子どもの頃の想い出も披露。母親が絵本で「右から何番目」「左から何番目」といった具合に右と左を教えてくれていたとき、あまりにできないため、母親が「情けない」と泣き出したことがあったという。その姿を見て傷ついた覚えがあると振り返った。

また、「計算が全然できない」ことも告白。足し算、引き算ができず、かつてドーナツ屋のバイトでレジを任されていたときは多めにおつりを渡していたようで、 〆のときに1,000円単位で数字が異なっていたこともあったそうだ。このことに加え、バイトが楽しくて“無断出勤”していたことが問題となり、クビになったというエピソードも語った。

とのことで、この番組をみていた視聴者からは「発達障害、またはアスペルガーでは?」というコメントが出ていました。

しかし、アスペルガー症候群というのは、学習面・運動面の発達においては問題がなく、計算もできる為、恐らく堺雅人さんはアスペルガー症候群ではないでしょう。

一方で「右と左がわからない」という症状から、「ゲルストマン症候群ではないか」と指摘されています。

ゲルストマン症候群というのは、神経学者のヨーゼフ・ゲルストマンが発見した病気で、症状としては左右がわからない、計算が苦手などの症状があるようです。

ゲルストマン症候群(ゲルストマンしょうこうぐん、英: Gerstmann syndrome)は、脳の特定の場所に病変が存在することによって起こると考えられている、後述の一連の症候を示す神経疾患である。オーストリア出身のアメリカの神経学者ヨーゼフ・ゲルストマンにちなんで命名されている。

ゲルストマン症候群は次の4つの主な症候で定義される。

1.失書 : 自発的に字を書くことも書き取りもできない。
2.失算 : 暗算も筆算もできない。
3.手指失認 : 指定された指を示せない。
4.左右失認 : 左右がわからない。

以上の4症候を満たさない不全型も多くみられる。これらの症候の中では手指失認がもっとも重要視されており、左右失認がこれに次いでいる。

引用元:Wikipedia

という病気のようで、調べてみたところ、特効的な治療法はなく、対症療法で症状を軽減させるくらいしか方法がないようです。

堺雅人さんの場合、子供の頃からこの病気に悩まされていたようです。左右が分からないとのことですが、ゆっくり考えれば分かるという事らしいので、おそらく自分なりにこの病気と折り合いをつけてきたのでは、と思います。

俳優としてブレイクし、美人の嫁さんをもらって子供も生まれて、と一見すると非常に恵まれているように見える堺雅人さんですが、人知れず生まれつきの病気を抱えて生きてきたようで、色々と苦労されているみたいです。ちょっとお気の毒ですね。

最近の堺雅人さんは?

ここ数年の堺雅人さんの活動をみると、2015年にドラマ『Dr.倫太郎』で主演、2017年に映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』に出演。

2018年は映画『北の桜守』に出演し、ソフトバンクのCM『白戸家ミステリートレイン』で探偵役で出演しています。

そしておめでたいことに、2018年12月に長女が誕生しています。

堺は「ご報告」と題し、「妻のコメントにもありましたが、このたび、私たち夫婦に第二子となる女児が誕生いたしました」と報告。
また、「これからも妻とともに、できるかぎりの時間と労力を育児に費やしていくつもりです」と積極的に子育てに参加したい考えを記し「四人になった我々家族を、あたたかく見守っていただければ幸いです。
今後とも、どうぞよろしくおねがいいたします」とつづった。

とのことで、長男はまだ3歳だし、しばらくは子育てが大変かも?

今後の堺雅人さんの活躍を見守りたいですね。