松岡修造の嫁は田口恵美子!娘の宝塚での芸名は?

松岡修造

元プロテニス選手で現在はスポーツキャスターや解説者をしている「熱い男」の松岡修造さん。

私生活では1998年に結婚し、子供も生まれているようですが、嫁や子供の様子はどうなんでしょうか?

ということで今回は松岡修造さんの嫁や子供について調査しました!

松岡修造さんのプロフィール

松岡修造

・名前  松岡 修造(まつおか しゅうぞう)

・生年月日   1967年11月6日(52歳)

・出身地  東京都

・身長  188cm

・血液型  AB型

・職業  元プロテニス選手 スポーツキャスター スポーツ解説者 日本テニス協会理事強化本部副部長

【主な経歴】

高校2年のときにテニスの名門校、福岡県柳川高校に編入する。その年の高校総体ではシングル、ダブルス、団体で三冠を達成。柳川高校を中退後、アメリカフロリダ州タンパにあるハリーホップマン・テニス・キャンプに参加し、パーマーアカデミーを卒業後プロに転向した。1988年世界ランキングトップ100を突破する。

1992年KALカップで日本人選手として初めてATPツアーで優勝し、世界ランキングも自己最高の46位を記録、1995年のウィンブルドンではベスト8進出を遂げた。1998年4月のジャパンオープンでプロツアーを卒業し、後進育成のため「修造チャレンジ」を設立する。

同年より日本全国から選抜した18歳以下の男子ジュニア選手を対象とした「トップジュニアキャンプ」を行い、世界を目指す選手の総合的なレベルアップを図る。

日本テレビ、テレビ朝日の情報番組のスポーツキャスターとして起用され、テレビ朝日「世界水泳」、「フィギュアスケートグランプリシリーズ」、「全英オープンゴルフ」の番組MCに抜擢される。

ソルトレイクオリンピックでは日本テレビ、アテネオリンピック以降はテレビ朝日でメインキャスターを務める。北京オリンピック、ロンドンオリンピックではJOC公認の日本選手応援団長に任命される。

引用元:talent.thetv.jp/

松岡修造さんの嫁は田口恵美子さん

田口恵美子

松岡修造さんは1998年に元アナウンサーの田口恵美子さんと結婚しました。

こちらが田口恵美子さん(現在は松岡恵美子さん)

田口恵美子さん

田口恵美子さんは1991年にテレビ東京に記者として入社し、その後アナウンサーに転身するという珍しい経歴の持ち主。

松岡修造さんと田口惠美子さんの出会いは、1995年のウィンブルトン選手権あたりだったようです。

当時27歳だった松岡修造さんはテニス選手として活躍しており、ウィンブルドン選手権に出場していました。

そしてその頃に田口恵美子さんと出会っていた松岡修造さんは、海外の遠征先から日本の田口惠美子さんに毎日のように電話していたといいます。

電話では熱い松岡修造さんに対して冷静に接していたという田口恵美子さんですが、実は彼女はハーバード大学院で冷静沈着に相手にアドバイスをする方法を学んでいたという話で、的確なアドバイスを送っていたようです。

田口恵美子さんの助力で松岡修造さんは、日本人男子62年ぶりのベスト8進出という偉業を達成しました。

そしてそのウィンブルドンから3年後の1998年に二人は結婚。

しかし、結婚の前後にはちょっとしたトラブルがあったようです。

松岡修造さんと田口恵美子さんの結婚発表後、田口恵美子さんの男性遍歴やありえない噂話などが書かれた怪文書が出回るという騒ぎがありました。

怪文書の存在に田口恵美子さんは恐怖を感じていましたが、松岡修造さんは「とにかく、俺を信じろ」「(怪文書の内容について)俺は信じない」と怯える彼女を励ましていたそうで、その後、二人はめでたく結婚しています。

松岡修造さんの子供は?

松岡修造

松岡修造さんには三人の子供がいます。

1999年に第一子の長女・恵(めぐみ)ちゃんが誕生。

2003年頃に長男の修(しゅう)くんが誕生。

2005年頃に次女の笑美(えみ)ちゃんが誕生。

また、奥さんの恵美子さんの出産にまつわるエピソードがかなりとんでもない話だといわれています。

長女の出産の時、恵美子夫人に出産に立ち会ってほしいといわれた松岡修造さん。しかし、出産予定日には海外での仕事が入っていました。

そこで松岡修造さんが一言、「じゃあ、予定日を動かそう」…えっ!?マジっすか?

こうして出産予定日を一週間前倒しにするために、恵美子夫人は階段を毎日何時間も上り下りするなどの運動をしたんだそうです。旦那の松岡修造さんもそれに付き添っていたそうですが。

その努力の甲斐あって、松岡修造さんは無事に長女の出産に立ち会うことが出来ました。すげー。

さらに、長男の出産の時も予定日をずらしたんだそうで、こっちの方が難易度が高かったようです。

長男の出産の時、松岡修造さんは長期の海外出張の仕事が入っていました。そこで、今度は出産を2週間遅らせようという話になり、「とにかくじ~っとして動かないように」と奥さんに安静な生活を厳命して、この時も出産時期をずらすことに成功。無事に長男の出産に立ち会うことが出来たようです。

なんか色々と普通じゃないっすね。ともかく、おめでとうございます。

松岡修造さんの娘・恵さんが宝塚入団

松岡修造さんの長女の恵さんは、2017年3月に宝塚音楽学校に入学。受験倍率は26.1倍だったとのこと。すごい難関を突破したんですね。すげー。

ネットの一部ではコネ入学を疑う声もあったようですが、恵さんは2回目の受験で合格しているし、さすがにコネ入学はないんじゃないでしょうか?

そして2019年に恵さんは宝塚音楽学校を卒業し、宝塚歌劇団の星組に所属しています。

芸名は「稀惺かずと」(きしょう かずと)という名前で活動しており、初舞台は、2019年4月19日に行われた宙組の『オーシャンズ11』。

この舞台は、恵さんが星組に所属する前の宝塚音楽学校第105期生であった40人と共に出演した初舞台で、初舞台の日には、父である松岡修造さんもご家族と共にご覧になったそうですよ?

2020年も舞台出演の予定はありましたが、新型コロナの影響で色々と難しい状況にあるようです。

しかし、熱い男・松岡修造さんの娘さんですから、きっとコロナの影響下でも負けずに活躍してくれるでしょう。健闘をお祈りします。

松岡修造さんはモラハラ夫!?

松岡修造

すでに20年以上の結婚生活が続いている松岡修造さんですが…

2019年8月、女性誌が松岡修造さんの離婚危機説を伝えています。マジか。

「松岡さん宅の騒音が問題になっているみたいです。近隣住民のかたが、マンションの管理室に通報されたようで、それも1度や2度のことではありません。いったい、何があったんでしょうか…」

「食器が割れるような音に、低い怒鳴り声まで聞こえたそうです。ここのマンションはそうそう音が漏れないので、相当な騒ぎだったはず。しかも、今年に入ってから何度も同じような音が聞こえたそうです」(別の住民)

引用元:www.news-postseven.com/archives/20190809_1429560.html

記事によると、松岡修造さんは都内の超高級マンションに住んでいるんですが、そのマンションの近隣住民から騒音問題で管理人に通報される事件が起きていたようです。それも一度ではなかったという話で、もしかして夫婦喧嘩か何かなんでしょうか?

また、記事では松岡修造さんは、「妻なくして自分の存在はない」、「仕事が楽しめているのは妻のおかげ」と公言している一方、「仕事場では常に冷静で怒ることはないが、家族には感情的になってしまう」と語っていたと書かれており、家族に対しては感情が爆発してしまうことがあったようです。

記事では知人の証言として、松岡修造さんが奥さんの恵美子さんに対して

「“すっぴんを見せるな”“料理は炊き立て、焼き立てを用意しろ”といったことから、“太ったんじゃない?”と嫌みを言うのは当たり前です」

「たしかに自分の考えを押しつけがちです。夫妻で食事に行っても松岡さんは奥さんの惠美子さん(53才)の話を聞かず、黙々と食事をする。惠美子さんが“聞いているの?”と尋ねると、料理に集中している松岡さんはカッとなって言い争いになるそうです」

などのモラルハラスメントと思われかねない言動や行動がみられることが語られています。

他には、芸能コラムニストの山田美保子さんが松岡修造さんについて語っており、

「亭主関白なんです。ご家庭の朝食の様子を見たことがありますが、驚きました。恵美子さんは1枚ずつお肉を焼いて、焼きあがったら松岡さんの所に持っていき、また小走りでキッチンへ戻り肉を焼く、ということを何度も繰り返していたのです。松岡さんは『出来立てが一番美味しいからいつもそうしている』と話していました」

とコメントしていたとか。マジっすか。これはモラハラといわれても仕方ないですね。もう自分で焼けばいいじゃん。

と、このような感じでモラハラを疑われている松岡修造さんですが、マンションの騒音問題に関して事務所関係者は、

「そのこと(騒音問題)については、認める、認めないということも含め、発言は差し控えさせていただくのがいちばんだと思うので、すみません」

と回答していたようです。

離婚危機説が囁かれている松岡修造さんと恵美子夫人ですが、このまま離婚してしまうのか、それとも離婚せずに夫婦関係が続いていくのか、どっちなんでしょうか?

とりあえず続報を待ちましょうか。

現場からは以上です。