中島美嘉が旦那と離婚した理由は?顔が変わったのは病気のせい?

2018年2月、歌手・女優の中島美嘉さんが旦那のバレーボール選手の清水邦広さんと離婚を発表。

2014年に結婚したお二人ですが、離婚の理由は何だったのでしょうか?

また、ネット上では中島美嘉さんの「顔が変わった」と話題になっています。

今回は中島美嘉さんの離婚と顔が変わった疑惑についてお伝えします。

中島美嘉さんのプロフィール

名前 中島 美嘉(なかしま みか)

生年月日 1983年2月19日(35歳)

出身地 鹿児島県

身長 160cm

血液型 A型

職業 歌手、女優、作詞家、モデル、声優

活動期間 2001年 –

事務所 トゥループロジェクト

【経歴】

●2001年

デモテープを聴いて彼女の声に惹かれたソニー・レコードのスタッフによってソニー主催のボーカルオーディション「SD SINGERS REVIEW」に出場できることになり、それに見事合格する。

また、テレビドラマのヒロイン役オーディションにもチャレンジし、およそ3,000人が参加したオーディションを勝ち抜いてヒロインとして抜擢される。

10月、ヒロイン役を射止めたテレビドラマ『傷だらけのラブソング』(フジテレビ系放送、関西テレビ制作)で女優としてデビュー。

11月7日、『傷だらけのラブソング』の主題歌「STARS」をリリースし、歌手デビューを果たす。

●2003年

9月13日、初出演した映画『偶然にも最悪な少年』が公開。

11月6日、2枚目のアルバム『LØVE』をリリース、オリコン初登場1位となる。発売から1ヶ月経たずにミリオンセラーを記録、累計150万枚以上を売り上げた。

このアルバムは韓国でもヒット、「3万枚を超えればミリオン級」と言われる中で5万枚を売り上げ、宇多田ヒカルと浜崎あゆみを押さえて同国でのJ-POPトップ歌手としての地位を固めた。

●2005年

9月3日、矢沢あいの人気漫画を原作にした主演映画『NANA』(東宝系)が公開される。「NANA starring MIKA NAKASHIMA」名義でリリースした同映画の主題歌「GLAMOROUS SKY」もヒットし、自身初のオリコンシングルチャート1位を記録、2週連続で首位をキープした(プラネットシングルチャートでは3週連続1位)。

年間オリコンシングルチャートでは女性で唯一のトップ10入りを果たす。またこの映画での演技が認められ、第29回日本アカデミー賞・優秀主演女優賞・新人俳優賞など数々の賞を受賞した。

12月31日、第47回日本レコード大賞にて、NANA starring MIKA NAKASHIMAとして共演の伊藤由奈(REIRA starring YUNA ITO)とともに映画『NANA』で「特別賞」を受賞。

引用元:Wikipedia

以後、歌手や女優としても活躍し、数々のヒットソングのリリースと映画・ドラマへの出演を果たしています。

中島美嘉さん、清水邦広さんと結婚!

2014年12月25日、中島美嘉さんはバレーボール選手の清水邦広さんと入籍・結婚しました。

二人の出会いは2010年ごろで、なんと、中島美嘉さんの方から清水邦広選手に声をかけたそうです。

元々、中島美嘉さんはバレーボールが好きで、TVで清水邦広選手の姿を見て一目惚れ。

そしてフジテレビ関係者の紹介で二人は出会い、「めざましテレビ」の番組内で中島美嘉さんが恥ずかしそうに「お友達になってください」と連絡先を渡して、そこから交際がスタート。

中島美嘉さんは東京、清水選手は大阪ということで遠距離恋愛となりましたが、数年間の交際を経て、2014年に結婚。

清水邦広さんって、どんな人?

清水邦広さんはバレーボール選手。1986年8月11日生まれで、V.LEAGUE Division1のパナソニック・パンサーズに所属しています。

清水邦広選手

身長193cm、体重94kgと、でかくてごつい大男ですね。ちなみに愛称はゴリだそうです。

2007年、大学在学中の20歳でワールドリーグ東京大会に緊急招集され、翌日の試合でいきなり代表デビュー。

2008年、最年少の21歳で北京オリンピック代表に選出され出場、2009年4月、パナソニック・パンサーズに入団。

2015年8月に開催された第18回アジア選手権に出場して優勝に大きく貢献し、自らもMVPに輝いています。

そして2018年2月3日に中島美嘉さんと離婚した事を発表。

その後、2018年2月18日に行われた試合で右足を負傷、右前十字靱帯損傷で全治12か月と診断されたという事で、仕事・私生活の両方で大変な事になってしまっていますが大丈夫なのでしょうか?

本当にお気の毒ですが、まずは怪我をしっかり治して、元気に復帰してほしいところですね。

中島美嘉さん、難病で苦しんでいた

2011年に中島美嘉さんは病気を理由に一時歌手活動を休止しました。

中島美嘉さんが患った病気は「耳管開放症」という病気です。

耳管開放症とは、耳と鼻・のどをつなぐ管(耳管)が開きっぱなしになるために起こる病気です。
耳がふさがった感じがしたり(耳閉感)、自分の声・自分の呼吸音が耳に響いたり(自声強聴・自己呼吸音聴取)する病気です。
不快な状態が続くと精神的にイライラしてきます。

引用元:https://www.takemura-jibika.jp/

「耳管開放症」を発症すると、自分の声の聞こえ方がおかしくなり、音程がずれてしまったり、睡眠障害を抱えるようになったりして、かなりストレスを感じる様になってしまいます。

歌手の中島美嘉さんにとっては、まともに歌が歌えなくなってしまう病気という事で絶望し、一時は引退を考えたそうですが、周囲の人のアドバイスで一時休養という形になったそうです。

「耳管開放症」は完治が難しい病気で、中島美嘉さんも医師から「完治はしない」と言われてショックを受けたようです。

中島美嘉さんは「耳管開放症」という厄介な病気を抱えて生きていく事になってしまいましたが、そんな中島美嘉さんを旦那である清水邦広さんが支えてくれたといわれています。

中島美嘉さん、顔が変わった?理由は?

近年の中島美嘉さんはメイクの傾向が変わったため、ネットでは「レディーガガみたい」と言われるようになりました。確かに見た感じはレディーガガっぽいですね。

他にも口元に変化が生じていることから「口元が変」と話題になったり、激ヤセしたり、2015年に「徹子の部屋」に出演した際には手首にリストカット痕らしき線が見えたりと、精神状態がヤバいのではと噂されています。

やはりこれは、耳管開放症という厄介な病気の影響でしょうね。自分の思ったとおりに歌が歌えなかったり、睡眠障害になったり、かなりのストレスを感じているでしょうし、激ヤセしたのももしかしたら摂食障害が原因かもしれません。

よって中島美嘉さんの顔が変わった理由は、病気によるストレスで体重が減ったり、精神的な辛さからきているのではないかと思われます。本当にお気の毒ですね。

中島美嘉さん、清水邦広さんと離婚。理由は?

2018年2月に中島美嘉さんは清水邦広さんと離婚を発表しました。

離婚の理由は、二人の生活拠点が東京と大阪に分かれていた事によるすれ違い、月に3、4日くらいしか一緒に居られない状況という事で、お互いの仕事の事を考えての離婚という事のようですが。

他にも、子供が居ないことや、中島美嘉さんがスポーツ選手の奥さんとしては目立ちすぎること、収入格差が原因では?といった分析が週刊誌などでされています。

「もともと、奇抜なファッションで知られていた中島。アスリートの妻は本来、夫よりも目立つべきではないが、華美なファッションの中島が試合場に来るとどうしても目立ってしまう。おまけに、中島の関係者は“VIP待遇”を要求するので、バレー関係者の間ではあまり良く思われていなかった」(Vリーグ関係者)

一般人と同じように、普通に観戦・応援するというのは有名人の中島美嘉さんには難しいのかもしれませんが、VIP待遇を要求ってのはちょっとどうかと思いますが…

「結婚当初から、2人の“格差婚”が心配されていた。中島は一時期よりも勢いが衰えたとはいえ、カラオケで人気の持ち歌もあり、毎年数千万単位で稼いでいる。一方、清水の収入はどう頑張っても中島の足元にも及ばないので、金銭感覚の大きなズレは離婚まで埋まらなかったのでは」(芸能記者)

収入格差の問題については、奥さんの方が稼いでいることに対して引け目を感じる男性もいますから、もしかしたら清水邦広さんもそのように感じていたかもしれませんね。スポーツ選手という事で、やっぱり男としてのプライドみたいなものにこだわる部分がありそうな気がします。

というか、やっぱりスポーツ選手の奥さんになる人は旦那をそばで支えてくれるタイプの人の方が向いてると一般的に言われていますが、中島美嘉さんはそういうタイプではなさそうなので離婚に至ったのはある意味当然の結果だったのかも。残念な事ですけど。

まとめ

今回は中島美嘉さんの離婚についてや顔が変わったことについてお伝えしました。

耳管開放症という病気を抱えている中島美嘉さんですが、心の支えになってくれていたと思われる清水邦広さんと離婚した事による影響が悪い方に出なければいいのですが、心配ですね。

難しい病気を抱えて大変つらい思いをされていると思いますが、病気に負けずに強く生きてほしいと思います。

今後の中島美嘉さんの健闘を祈りましょう。