高岡早紀が保阪尚希と離婚した理由は?魔性すぎてヤバすぎる?次男の事件とは?

高岡早紀
出典:www.crank-in.net

2男1女の母であり、女優として活躍している高岡早紀さん。

元旦那は保坂尚輝さんですが、離婚に際して色々とあったとかなかったとかいわれています。

また、次男が何やら事件を起こしたという噂が…

ということで今回は高岡早紀さんについて色々とチェックしました!

高岡早紀さんのプロフィール

高岡早紀
出典:movie.walkerplus.com

・名前 高岡 早紀(たかおか さき)

・本名 高岡 佐紀子

・生年月日  1972年12月3日(46歳)

・出身地  神奈川県藤沢市

・身長 163cm

・血液型 A型

・職業  女優

【主な経歴】

1988年4月シングル「真夜中のサブリナ」を発売。同年、映画「『cfガール」に出演。1990年、映画「バタアシ金魚」に出演した。

1994年に出演した深作欣二監督作「忠臣蔵外伝~ 四谷怪談」ではお岩を熱演し、第18回日本アカデミー賞主演女優賞、新人俳優賞、第37回ブルーリボン賞主演女優賞、第16回ヨコハマ映画祭主演女優賞、第7回日刊スポーツ映画大賞主演女優賞受賞など数々の主演女優賞を総なめした。

主な出演作にテレビ東京「オールウェイズ」、「ハッピー愛と感動の物語」、読売テレビ「ストーカー逃げきれぬ愛」、映画「KYOKO」がある。

引用元:talent.thetv.jp

高岡早紀さんは雑誌『セブンティーン』でモデルとして活動、1988年に靴メーカーの「マドラス」のCMで岡田真澄さんと共演し、芸能界デビューしました。

また、CMソングである「真夜中のサブリナ」で歌手デビューも果たします。これまでにシングルリリースは7曲、アルバムは7枚がリリースされており、90年代以降は歌手活動はあまりしていなかったようですが、2014年にアルバム「Sings-Bedtime stories」が発売されています。

女優デビューは映画 『cfガール』(1989年)で、その後は様々なドラマや映画に出演。

1994年の映画 『忠臣蔵外伝 四谷怪談』にお岩役で出演してヌードを披露し、その熱演ぶりが高く評価されて日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞などを受賞。

また、1995年には写真家の篠山紀信氏が撮影したヘアヌード写真集 「one, two, three」が出版され、世間の注目を集めました。

その後も舞台や映画、ドラマに出演して活躍を続けており、2019年はドラマ『リカ』で主演を務めています。

「リカ」(出典:www.jackroad.co.jp)

このドラマで高岡早紀さんは、愛する男性を手に入れるためには手段を選ばない“狂気の純愛モンスター”の雨宮リカを演じており、46歳にして永遠の28歳という役を演じたことで注目を集めました。

これからもまだまだ活躍されそうな女優さんですね。

高岡早紀さんが元旦那の保阪尚希さんと離婚した理由は?

高岡早紀さんは1996年に俳優の保阪尚希さんと結婚しました。

こちらが保阪尚希さん。

保阪尚希
保阪尚希さん(出典:www.oricon.co.jp)

保阪尚希(ほさか なおき)さんは1967年12月11日で現在は51歳。俳優として活躍していましたが、近年は事業家としての活動を主にしており、通販事業で年商10億円を売り上げているそうです。すげー。

高岡早紀さんと保阪尚希さんは1996年のドラマ『ひと夏のプロポーズ』で共演。そこから交際が始まり、4ヶ月で結婚するというスピード婚でした。

出典:blog.goo.ne.jp/macky2466

二人の間には男の子が2人生まれており、長男は1998年、次男は2000年に生まれています。

しかし、高岡早紀さんと保阪尚希さんの結婚生活は2004年に離婚したことで終わっています。

その離婚の原因といわれているのが、高岡早紀さんとミュージシャンの布袋寅泰さんの不倫交際報道です。

高岡早紀さんと布袋寅泰さんの不倫交際が発覚

2004年6月、フライデーが高岡早紀さんとミュージシャンの布袋寅泰さんの不倫現場をスクープ報道しました。

出典:refinelifekaz.com
出典:refinelifekaz.com

フライデーの記事によると、2人は食事した後にバーに行き、お互いにかなり酔いの回った状態で人目も気にせず店内でキスしたり体を寄せ合ったり、しまいには店内に流れていた曲に合わせてステージで踊り始めたんだとか。飲みすぎじゃないっすか?

保阪尚希さんはその時、仕事でマレーシアに行っており、翌日帰国するというタイミングだったそうですが、奥さんの高岡早紀さんから

「尚ちゃん、今から帰りの飛行機を変えられない?空港と家が大変なことになってるの」

と連絡を受けていたそうで、いざ帰ってみたら本当に大変なことになっていてえらい目にあったようです。しかし、内心ではいつかこうなることは覚悟していたそうで、その頃すでに夫婦仲は冷え切っており、恋愛感情は消えていた、と後に語っています。

そして一方の布袋寅泰さんですが、

『いやぁ…火遊びが過ぎました。(今井)美樹ちゃんにはその夜帰宅した際に彼女(高岡)と会った事を伝えたので、今回の報道に関しても笑って許してくれました』

とコメントを発表しており、奥さんの今井美樹さんに不倫の事実を話したら笑って許してくれた、というオチだったようです。マジか。さすが略奪愛を成功させた今井美樹さん、浮気には寛容ですね

このフライデーのスクープから12日後、保阪尚希さんは会見を開き、高岡早紀さんと離婚することを発表。

会見では離婚の理由については言及せず、親権は自分が持つことなどが語られましたが、布袋寅泰さんに対しては「“火遊び”は許せない」「きっちりけじめをつけたい」と怒りをあらわにしていました。

これを聞いた布袋寅泰さんは、一時期ボディガードを雇って身辺警護に気を配っていたという噂が流れています。

そんなにビビることもないんじゃないの、という意見もあるかと思いますが、実は保阪尚希さんは若い頃かなりのヤンチャぶりで知られていて、怒らせたらヤバいという噂があったそうなので、警戒されるのも仕方ないのではないでしょうか。

しかし、後に保阪尚希さんは実は布袋寅泰さんに対してはそんなに怒ってはいなかったことを明かしています。

保阪尚希さん、内心は布袋寅泰さんに同情していた?

高岡早紀さんと布袋寅泰さんの不倫スクープが出た際、保阪尚希さんは「やってくれたな」と思っていたんだそうです。

高岡早紀さんは移り気な性格で、いずれ離婚は避けられないことは分かっていたんだそうで、

夜中に帰ってきた彼女から、「離婚して」と迫られたこともありました。そのとき、「子どもの問題はどうするの?」と尋ねてみました。

すると彼女は、「尚ちゃんに親権をあげるから」と言うんです。それ以来、「そこまで言うなら、結婚はもう長く続かないだろうな」と覚悟していました。

という話で、フライデーの記事が出る前からすでに仮面夫婦みたいな関係になっており、「ビジネスパートナーのようなもので、恋愛感情はもうなかった」と保阪尚希さんも語っています。

「家では母親、仕事は女優、でも外に出れば1人の女性」というのが高岡早紀さんのポリシーだそうですが、母親よりも女性でありたいということのようですね。

離婚会見では、そんな高岡早紀さんを責めることはしなかった保阪尚希さんですが、夫婦でCMに出ていてスポンサーに迷惑をかけたことは許せなかったものの、子どもたちの母親だから悪く言いたくないという気持ちもあり、不倫相手の布袋寅泰さんをあえて挑発するようなコメントを出した、というのが真相なんだそうです。

ただし内心では、「布袋君は早紀に巻き込まれて大変だったろうな」と同情していました。布袋君はその後、ボディガードを雇ったり、家から出られなくなったりしたそうなので、申し訳なかったと思っています。

あのとき「けじめをつける」と言ったのは、実は布袋君に対してではなく、本当は早紀との関係を終わりにする僕の決意の表れだったんです。

ということで、後に保阪尚希さんは布袋寅泰さんに謝罪しています。

そして、離婚発表後も半年間は家庭内別居を続け、徐々に二人が別れることを子どもたちに理解させるという形で離婚し、保阪尚希さんは家を出ていったそうです。

親権は保阪尚希さんが持っていますが、子育ては高岡早紀さん側がしていたようですね。ちょっと大丈夫なのかなこれは?

ということで、高岡早紀さんと保阪尚希さんが離婚したのは、きっかけは布袋寅泰さんとの不倫交際でしたが、原因は高岡早紀さんが移り気な性格で恋愛体質すぎるから、ということのようです。

この後も高岡早紀さんは何人かの男性との交際を報じられており、”魔性の女”と呼ばれるようになっております。

高岡早紀さん、一般男性と事実婚するも…

出典:www.officiallyjd.com

2004年に保阪尚希さんと離婚した高岡早紀さんですが、2009年に実業家の男性との交際が報じられ、同居していることが明らかになりました。

その後、2010年9月には二人の間に第3子の長女が誕生しています。

しかし入籍はしておらず、事実婚という形で、この男性と同居生活を送っていたようです。

こちらの実業家の男性ですが、後に事件を起こし、名前が村田晴彦氏であることが判明しています。

高岡早紀さんと村田氏との事実婚生活は、2011年に村田氏が1億円を持ち逃げして失踪したことで終わりを告げています。

そもそもなんでこんなことになったのかというと、村田氏は高岡早紀さんを広告塔にして自身が商品化した美容に良いプラチナ飲料水・耀美水を販売。

しかし売上不振に陥り、村田氏は1億円を持ち逃げしたと報じられ、出資者からは損害賠償請求訴訟を起こされるなどもあり、高岡早紀さんの母を代表にしていた耀美水の販売会社は結局2012年に破産。

家族を巻き込んだことで高岡早紀さんも激怒したといわれており、村田氏との事実婚も解消されました。まあ実際、籍を入れてなかったことで助かった部分もあったようで、不幸中の幸いというやつですね。

ちなみに村田氏はその後、2018年に飲食店で知り合った女性から現金700万円をだまし取った疑いで、警視庁に詐欺容疑で逮捕されています。

出典:geitopi.com

この事件について東スポは

「当時の村田容疑者はイケイケで、高岡さんに高級車をポンとプレゼントするほど羽振りが良かった。しかし会社の破綻で人生が暗転。あちこちから金を借りており、今回発覚した事件は氷山の一角にすぎないという話もある」とはテレビ関係者。

“元内縁の夫”とはいえ、逮捕のニュースは高岡にとってはいい迷惑だ。

と報じていますが、本当にいい迷惑ですね。

村田氏は2012年10月に女性誌の取材を受けており、債権者との和解が成立して借金返済のめどが立ったと語っており、

「どんなことをしても彼女を迎えに行きたい。借金はあと1年で完済する見通しです。すべて返し終えたその時、早紀に“ぼくと向き合ってほしい”とお願いしたい。向き合ってくれるまで、待って待って、待ち続けます」

とコメントしていたそうですが…詐欺で逮捕とあって、残念ながら叶わない願いとなってしまったようです。

内縁の夫とはいえどうしようもない元旦那ですが、その男との間に生まれた娘さんについては溺愛しているようで、留守がちになってしまうために娘さんが寂しい思いをしないようにダルメシアンのダニーちゃんを飼ったり、娘さんの行事には顔を出すようにしているようです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

今朝はお揃いの服を着て、娘の学校のイベントに行ったよ。 #母娘

高岡早紀(@saki_takaoka)がシェアした投稿 –

2男1女の3児の母である高岡早紀さんですが、娘さんについては次のように語っており、

「娘がいま8歳。私より全然、女子力が高いんです。

外食しようというときに、『ちょっと待って!』と言って、よそ行きのかわいい洋服に着替えてきたり、少しメークをしたり、ネイルを一生懸命やっていたりして。

私はもともと、プライベートではあまりそういうところにかまわない人間なので、娘を持ってから、初めて“ちゃんとしなきゃ”と思うようになりました。

娘から『今日はキレイ』『今日は汚ない』なんて言われたりするんです(笑)。

私のクローゼットまでついてきて、『これ着てほしいな』なんて言ってくるので、鏡の前に一緒立って『お洋服、どうしましょうね』なんて言いながら2人で選んでいます。」

という感じで母娘で仲良くしておられる様子。

息子さんたちについては、2014年放送の『アナザースカイ』にて長男の虎太朗くんについては「分かりやすいいいヤツ。優しいし、周りのこともちゃんと考えられる」と評しており、次男の龍人くんについては「知らないうちにすごく大人になってる」と評していたとか。

そういえば、その次男くんが何やら事件を起こしていたという噂があったようですよ?

高岡早紀さんの次男が事件を起こしていた?

高岡早紀さんには子供が3人おり、上の二人は保阪尚希さんとの間に生まれた男の子です。

こちらの兄弟は2014年に『アナザースカイ』に登場しております。

出典:oyajinonews.blog.ss-blog.jp

左側にいるのが次男の龍人くん、右側にいるのが長男の虎太朗くん。

近年の写真だとこんな感じのようです。

出典:芸能人子供総まとめ.com

上の写真だと左にいるのが次男の龍人くん、その右側にいるのが長男の虎太朗くん。

二人はハワイの学校に留学していましたが、次男の方が2017年に学校を退学になったようです。何があったのかな?

「高岡さんの次男が、ハワイで警察沙汰のトラブルを起こして全寮制の学校を退学したんです。その後、日本に戻って別の高校に入学したそうですが、そこでも同じような事件があったということで、また辞めることになりました」(高岡家の関係者)

という話で、2017年にハワイの全寮制のインターナショナルスクールに通っていた次男が、現地の警察を巻き込むレベルの暴力沙汰を起こして学校を退学。

その後、日本の学校に転入しますが、こちらでも暴力事件を起こして学校を退学になっていたようです。

事件の詳細については当時17歳だったことから詳しいことは伏せられているようですが、ネット上の噂によると暴力事件で、薬物などは関係ないという話です。

まあ有名人の子供はいじめられたりするケースが多いらしいんで、おそらくはそういった流れだったのかもしれませんね。

高岡早紀さんはこの事件についてショックを受けたそうで、親権を持つ元旦那の保阪尚希さんには報告できなかったそうな。

難しい年頃の子供を持つ母親は大変なようです。

しかし、「家では母親、仕事は女優、でも外に出れば1人の女性」をモットーにしているという高岡早紀さんの自業自得ではないか、という意見もネット上でいわれているようですが…まあそうかもしれないね。

高岡早紀さんの現在の彼氏は?

高岡早紀
出典:www.solve–solve.com

「魔性の女」とか「恋愛体質」とか色々いわれている高岡早紀さんですが、これまでにも多くの男性と熱愛報道が流れています。

近年では、2018年に俳優の山口馬木也さんと食事していた所を女性誌にスクープされています。

出典:www.news-postseven.com

二人は舞台『魔界転生』で共演していますが、もっと以前から交友関係があるという話で恋愛関係ではなかったようです。

山口馬木也さんは既婚で子供がおり、かなりの子煩悩だそうなので妙なことにはならなかった様子。実際、食事しただけのようですし。

その前は2016年に俳優の松坂桃李さんと食事していた所を女性誌にスクープされていました。

出典:www.news-postseven.com

二人は2016年の舞台『娼年』で共演。この舞台はR15指定でベッドシーンがあるというスキャンダラスな内容で、二人は劇中でからむ関係であるため熱愛疑惑が持たれた模様。

しかし、高岡早紀さんは「年下や同年代の男性には興味がない」と語っており、自分よりかなり年下の松坂桃李さんには共演者や友達以上の感情はなさそうです。

「共演者キラー」と呼ばれ、過去に松尾スズキさん、中村獅童さん、堤真一さん、片岡愛之助さんなど多数の男性と噂になった高岡早紀さんですが、こんなにモテるのには色んな理由があるようです。

「高岡さんは『相手の男が自分のことを100%嫌いでも好きにさせられる』という独自の恋愛観の持ち主。色気がありながら飾らず自然に男性と接するので、一緒にいる期間が長い共演者はメロメロです」

高岡さんは“壁のない女性”で、男性に対して距離が近く、気軽に腕を組んだり、ボディータッチをすることが多い。隣の席に座った女の子の頬に酔ってキスをしていたことも。でも彼女はあくまで自然体に振る舞うだけで、何の下心もない」

という話で、共演者はメロメロになってしまうそうな。さすが魔性の女。すげー。

おそらくは過去に噂になった男性たちも同じパターンでハマってしまったんでしょうね。布袋寅泰さんもそうだったのかな?

2019年現在は特に報道がないため、現在は彼氏はいないようです。ま、次男の件もあるので、しばらくは母親らしい振る舞いをしていた方がいいんじゃないでしょうか?

ということで、次の高岡早紀さんの熱愛スクープを期待して待ちましょうか。